IT企業のための契約書作成代行。ウェブ利用規約作成、業務委託契約書作成等のIT契約書作成はお任せください

PDFを差し上げます

  • HOME »
  • PDFを差し上げます

契約書の作成・チェックに役立つPDFを無料進呈します

はじめまして。坂本倫朗行政書士事務所の所長、坂本倫朗です。

このページでは、『ディレクターのための「あとでモメない」業務委託契約書作成7つのポイント
というファイルを進呈しています。

私はIT業界専門の契約書作成業務を請け負っていますが、エンジニアとしても14年の経験があり、その間にいろいろなトラブルを経験してきました。

行政書士である今の視点で見てみると、過去のトラブルの多くが
「契約書をしっかりしていればほとんどのトラブルを予防できていたかもしれない」ということに気づきます。

このレポートは、そうした私の経験をもとに作成しました。

業務委託契約で起こるさまざまな問題たち

たとえば、以下の問題はどれも一度は経験しそうなものではないでしょうか。

  • 契約にはなかった追加の修正を迫られる。
  • 深夜対応や休日対応を迫られる。
  • 発注者(お客さん側)から立て続けに仕様変更依頼があり、スケジュールが圧迫される。
  • 納品後、お客さんの確認が長引くことで支払いが遅れる。
  • お客さんの都合でスケジュールが遅れて、支払いが遅れる。
  • 「デザインのクオリティに納得できない!」と、受託途中で案件がなくなる。
  • 納品後、かなりたってから修正を求められる。

これらのよくある問題を未然に防ぐために、契約書にどのように記載すればいいかを、例文と合わせて紹介します。

相次ぐ仕様変更、深夜の作業、休日返上・・・
そんなお仕事のスタイルを変えるお役に立ててほしいと思って作った資料です。

一部を紹介(サンプル)

上記は一部です。
全18ページのボリュームです。

PDFのお申し込みはこちら

申し込み希望の方は、以下のフォームにご記入をお願いします。

ご入力いただいた情報は、個人情報保護法に基づきしっかり管理します。
いただいた情報は、メルマガの配信のみに使用いたします。

初回相談料無料 TEL 03-6780-5050 PM9:00~21:00

担当行政書士


坂本倫朗行政書士事務所
坂本倫朗(サカモトミチロウ)


・IT系の業務経験は14年

・年間100件に及ぶご法務の相談に対応

・おもに新サービス立ち上げ時の規約の整備と、独立時の契約書整備に関するお仕事を受注しています

・弁護士と顧問契約を締結。新しいウェブサービスの法律相談や契約内容の相談も承ります

最新事例<更新:2019/3/21>
・利用規約・プライバシーポリシーの作成
・入退会のフローの監修
・全社共通のプライバシーポリシー作成
・契約書に違法性がないかのレビュー
・自社で作った利用規約の表現チェック
PAGETOP
Copyright © 坂本倫朗行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.